痛みが心配なデリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンで痛みが発生しやすいのは皮膚が薄いからです。皮膚の薄い場所は他の部位でも痛みを感じやすく、脱毛を躊躇してしまうことも少なくありません。皮膚が薄ければ外的刺激にも弱いので、脱毛時に受ける肌への負担も気になります。露出をする部位でもありませんので、様々なリスクを考えて結局脱毛を断念してしまうケースが多々あります。
確かに他の部位と比べると心配の多い部分ではありますが、安全に処理を行う方法はあります。それは光脱毛です。デリケートゾーンに対しても実際に施術を受けている人が大勢いますし、満足度もかなり高くなっています。メラニン色素に反応するようにできている特殊な光を使って処理を行っていく方法であり、IPL・フラッシュ・プラズマ等施設によって色々な呼ばれ方をしています。これらは皆ほとんど同じような仕組みであり、光エネルギーをムダ毛に吸収させてそれを熱エネルギーに変換し、その熱エネルギーが毛根にある毛母細胞や毛包の働きをストップさせます。顔にも使える位優しい施術ですし、施術後の影響もほとんどありません。
処理を行った後はすぐに普通どおりの生活に戻れますが、念のために肌が熱を持っている時にはきちんと冷やしておいた方が安心です。処理後の冷却をきちんと行った時ほど回復は早くなります。毛母細胞の働きが停止すると毛穴は活動を終えますので、自然と毛穴が閉じて引き締まり、キメが整って美肌に変わります。