デリケートゾーン脱毛、エステ系と医療系の選択

今日ではデリケートゾーンの手入れを、VIO脱毛やハイジニーナ脱毛と称して、エステティックサロンや美容医療の業者が目玉商品として展開しています。従来デリケートゾーンの手入れといえば、女性が自らハサミとカミソリで手入れをするもの、次の段階ではブラジリアンワックスが知られ、こちらもさほど費用をかけずに脱毛することができるようになりました。しかしハサミとカミソリでは危険であったり皮膚を痛めたり黒ずみの元になったりというディメリットがあり、ブラジリアンワックスでは痛みが強いというディメリットがありました。そして両者とも、周期的に繰り返し行わなければならない点で不便でした。

エステや美容医療では、光方式やレーザー方式により、アンダーヘアの毛根を照射して脱毛を促し、その施術を繰り返す事によって毛母細胞の再発毛を抑制させることができます。

デリケートゾーンの脱毛が簡単かつ確実になるのは良いとしても、気になるのは痛みです。VラインはともかくIラインとOラインは皮膚の一部が粘膜質のため、機器で光やレーザーを照射した時に大丈夫なのか、という心配があります。実際にはVラインではチクッとした感じ、粘膜質の皮膚では「うっ」と声が出るレベルの痛みがあります。そのため心配な方は、事前の無料カウンセリングを受けておく事、またそれでも心配な人は、万が一に備えてエステではなく美容医療を選択して強い痛みでも安心できるようにするのが良いでしょう。

ちなみに光方式かレーザー方式かは、前者がエステ、後者が美容医療機関での扱いになります。レーザーの方が効果が高いと考えられますが、医療機関でしか扱えないことになっています。