VIO脱毛ペディアで分かった生理時のそれぞれの対応

VIO脱毛と生理。
VIO脱毛ペディアでは、詳しく解説しています。

生理中は施術NGかOKは、それぞれの施設によって変わります。
どう考えてもNGですが、VIO脱毛以外の施術がOKのエステサロンもあるんです。
ミュゼ、ディオーネ、ジェイエステ、エピレ、TBC、銀座カラー
です。
生理になった時に、キャンセルをしたら料金が発生したり、回数が減ってしまうのは頭をかすみますよね?
何のペナルティがない場合は、キャンセルもありですが…。

生理中のVIO脱毛をはじめ全身の施術NGなのが
キレイモ、脱毛ラボ、シースリー
です。

ところが湘南美容外科はなんとタンポンをしていると、VIO脱毛もOKです。
痛みを感じることも多いとされる施術ですが、予約をした日にムダ毛がなくなる喜びと
回数がムダにならないのは嬉しいですね。
そして、なんといっても医師の施術ですから、もしもの時には安心ですね。

でも、生理の時や体調が悪い時には、無理はしないでくださいね。
最初から余裕のある予約の取り方と、前日までのキャンセル料ゼロのエステやクリニックのところは、キャンセルしてしまうことをオススメですね。

キャンセル料を含む生理の時の対応は、通う上でもポイントになる点です。
料金だけではなく、必ずキャンセル料や月額料金などを見て、施術をするところを決めてください。
キャンペーンなどで安いからと飛びつくと、よくみると高くついたり、コース料金などをあちこち比較をすることをオススメします。
そして、通える店舗があるのはもちろんですが、店舗変えも簡単にできたり、ケアの評判が良い、自己処理の有無など、施術以外にかかる料金の種類は結構あります。