彼氏に秘密でやりたい…自宅でできるデリケートゾーン脱毛法

みんなが持ってる、デリケートゾーンの悩み…

女性なら、誰しもが気になるデリケートゾーンのお悩みですが、場所が場所なぶん、友達などには相談しづらいですよね。
かといって、病院に行く勇気が出ないで、一人で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンの悩みと一言でいっても、かゆみやにおい、黒ずみなど様々なものがありますよね。
今回は、多くの女性が悩んでいるデリケートゾーンのお悩みの中でも、特に悩んでいる方の多い「脱毛」についてのお悩みにフォーカスを当てていきたいと思います。

自宅でできる?脱毛セルフケア三つの方法

デリケートゾーンの脱毛ですが、自分のためだけでなく、彼氏のためにも考えている方が多いのではないでしょうか。
誰でも、恋人の前ではきれいな自分でいたいですもんね。

しかし、Vライン、Iライン、Oラインと呼ばれるデリケートゾーンは、皮膚が敏感なのに毛が太く、処理には注意が必要です。
本当はエステや脱毛専門サロンでプロに処理してもらうのが、肌トラブルも少なくよいのですが、自己処理に比べてお金がかかりますし、人にしてもらうのはなんだか恥ずかしいですよね。

デリケートゾーンの毛の自己処理方法には主に三つの方法があります。
一つめは毛抜きやはさみを使う方法、二つ目は除毛クリームを使う方法、そして三つめは家庭用脱毛器を使った方法です。
それぞれにどんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

まずは、はさみや毛抜きを使った方法です。
これは、毛先をカットしたり、毛を根こそぎ抜く方法で、長さや形を自分好みに調整できるというメリットを持っています。

しかし、この方法は、毛の伸びが早くなるといわれているので、あまりお勧めできる方法ではありません。
それに、太いデリケートゾーンの毛は、毛抜きで抜くととても痛いです。
肌も弱いので、赤みや炎症などを引き起こしてしまう可能性もあるので、注意して処理しましょう。

次に紹介するのは除毛クリームを使った方法です。
毛を処理したいところへクリームを塗るだけなので、自宅で手軽にセルフケアできます。

しかしクリームに含まれている成分には気を付けなければいけません。
成分が強いものは、それだけ肌に負担をかけ、肌の弱い方にはかゆみやかぶれを引き起こす可能性が高いです。
また、一度に処理できる毛の量が少なく、何度も繰り返し処理しなくてはならないのもデメリットの一つです。

最後に紹介するのは、家庭用脱毛器を使った方法です。
この方法は、毛根に直接働きかけるので、肌への負担は少なく、ほかの方法よりも早く処理を完了させることができます。

さらに、家庭用脱毛器は、黒いものによく反応するようにできているので、毛の太い方、量の多い方には特におすすめ!
早ければ半年くらいで脱毛完了できますよ!

みなさんも、自分に合った方法を探して、自宅で簡単に脱毛してみませんか?