デリケートゾーン脱毛で、好きな形にアレンジできる!

デリケートゾーンの毛の形について考えたことはありますか?
特にVラインなのですが、どのくらいの毛量にして、こんな模様にしてみたいなど考えることができます。

ヘアスタイルじゃないんだからと笑う方もいらっしゃいますが、毛の部分として考えるのなら、毛の形、デザインに凝ってみるのも楽しいですよ。
ちなみに、この形成に関しては、ご自宅でのむだ毛処理ではなく、脱毛サロンなどでの施術です。

エステなどでの脱毛サロンでは、デリケートゾーンの脱毛は、IラインOラインVラインというように3ケ所に分かれています。
そして、一緒に行う時には、VIOラインとしてセット価格になります。

その時、パイパン=全て脱毛なのか、割れ目部分のIラインはしないとか、脱毛範囲を選択することができます。
カウンセリングの時に、脱毛デザインの提示もでき、お好きなデザインを選べるところも多いのです。
単にV減毛という形も取れますし、小さな三角にしてほしいなど、要望は様々です。

施術では、一度行った部分の自己処理は極端に楽になります。
ほとんど毛が生えないレベルに達することで、理想の形を維持することができます。

当たり前のようにVIOラインの脱毛の説明をしていますが、ここに毛がないと恥ずかしい方もいらっしゃいますね。
温泉などに行くと、パイパンでは入りづらいという悩みもあります、多過ぎても恥ずかしいんですけれどね。

脱毛サロンなどでは、デザインされた形に光やレーザーを照射していき、脱毛をしていくことになります。
毛質によっては、時間がかかったり、うまいデザインに収まらないこともありますが、その方の毛周期等タイミングによって変わってきます。

自宅で脱毛は、剃刀を使ってY部分のむだ毛処理をすることがありますが、その時は理想の形になったとしても、すぐにボーボーになります。
これは脱毛サロンなどの施術とは大違いです。
脱毛クリームにしても、デザインに凝る事は自宅では難しいことです。

脱毛サロンなどでは、カウンセリングの時にエステシャンからの説明で、こんなデリケートゾーンの毛の形があるんだと関心してしまうほど種類が多いんです。
人に見せる部分ではありませんから、自分の好きな形にできるのも嬉しいことです。

しかし、多くの方が経験していないVIOラインの毛の形。
自分なりのオリジナリティのあるものにするのも良いかもしれませんよ。
どんな形にしたのか見せてということはないですから、大胆なデザインもおすすめですね。