デリケートゾーンのセルフ脱毛のオススメはこの方法です

デリケートゾーン脱毛はしていますか?
誰しも一度はVラインの毛を剃刀などで剃った経験はあるでしょう。

そして、その部分からジョリジョリした太い毛が生えてきて、ショーツを突き破った毛をみて驚いたり。
それは水着を着るためであり、ほんの数日の脱毛で良かったと思っている方も多いでしょう。

現在、アンダーヘアを安全な方法でセルフ脱毛している方が急増しています。
剃刀?いいえ、毛抜き?いいえ、シェーバー?いいえ。
答えは、ブラジリアンワックスです。

これは、ワックスをVIOの部位に塗りこみ、乾かして一気に剥がす方法です。
剃刀の刃が当たる心配もなく、肌を傷つけることはありません。
食べられるワックスというほど、安全なものですから、セルフ処理としては理想的です。

デリケートゾーンのむだ毛処理は、ビキニからはみ出す毛だけをキレイにする時代は終わりました。
アンダーヘアVIOライン全てを取って、パイパンになる、これが本当のむだ毛処理です。
Vラインはわかるけれど、iラインやOラインはいいんじゃないかな?と思う方も、一度キレイにすると、その良さが分かります。

人に見せる箇所ではないのですが、エッチの時にはない方が良いようです。
毛量が多いという視覚的な問題もありますが、嗅覚の点から言っても、毛がない事で、こもった生暖かい独得のニオイがなくなります。
余談ですが、男性にも同じ事がいえますし、男性もVIO(とは言わないけれど)のデリケートゾーンの陰毛脱毛もオススメです。

ただ、やはり他人には見せたくない、エステなどには行きたくないので、除毛クリームやカミソリなどで自分なり自己処理法でなんとかしたいのはわかります。
どちらも推奨できる方法ではなく、粘膜のあるiラインなどは、アフターケアをおろそかにすることで、炎症を起こすと、敏感すぎる部位ですから、とっても危険です。

夏に向けて本気で考えてみてください。
エステなどでの脱毛は、キレイになるまで時間がかかりますが、ブラジリアンワックスの場合、一度行うとしばらくはパイパンの状態が続きます。
永久脱毛的な効果はありませんから、定期的に行う必要はありますが、そう簡単にジャングル状態になることはありませんよ。

ただ、ブラジリアンワックスも敏感肌と言えるデリケートゾーンですから、短期間で行うのはオススメできません。
そして、アフターケアとして、自分なりの保湿することも必要です。
じゃないと、色素沈着などの肌トラブルも起こります。
デリケートゾーンは普段見えない部位ですが、だからこそ肌トラブルは起こしたくないですよね。