デリケートゾーン脱毛のススメ!他人に見られるのも慣れる?

デリケートゾーンは、Vライン、Iライン、Oラインの3箇所で、俗にVIOラインと言われています。
具体的に言うと、女性のショーツで隠れる部分で、Vラインはおなじみですが、Iラインは性器、Oラインは肛門付近の毛を指します。

このVIOラインを脱毛する方が増えています。
それも自分で行う(IOラインは危険)ではなく、エステや湘南美容外科などの美容クリニックで行う方が多いのが特徴です。

Vラインはわかるけれど、IOラインは必要ないんじゃないという声も聞こえそうですが、皆さん他人にその部分を見せるのは恥ずかしいですよね。
パンツの中を他人に晒すのですから・・・。
ところが、このIVOライン脱毛経験をした方の話を聞くと、納得ですよ。
「最初のVラインIラインの脱毛施術はとても恥ずかしかったです。ところが、何回か施術していくうちに、慣れました。恥ずかしいのは自分だけで、エステシャンは平気なようです。紙ショーツもありますし、なんといっても、この部分に毛がないのは、快適です」
恥ずかしくない?慣れた?そんなものかな?と思う方も多いですよね。

特に女性の場合は、生理時の嫌なニオイや不快感が減る、エッチの時に彼氏が感激する、パイパンだと水着も平気、Oラインの毛がない事で超ミニのファッションも楽しめるなどメリットがとても多いんですよ。
ボーボー毛があった時が信じられないというのですから、デリケートゾーン脱毛は是非体験していただきたいですね。

ちなみにエステサロンでの光脱毛、医療機関での医療レーザーなどどちらもデリケートゾーン脱毛は対応できます。
そして、どちらも他の体の部位と比較をして、痛みも大きいです。
これは、デリケートゾーンは剛毛であることと、部位の肌が敏感だからです。

最初のカウンセリングの時に説明はありますが、医療レーザーの場合、顔をしかめる痛さであるケースも少なくありません。
それでも、自分でシェーバーを使って簡単にキレイに剃る事ができない部位です。

美容サロンでの脱毛というと、脇などがポピュラーで、キャンペーンもよく行っています。
その中にVライン、VIOラインもセットでとありますが、一度どんなものか体験してみることをオススメします。
痛みがあると言っていながら勧めるのもなんですが、痛みを超えたメリットを多くの方に体験していただきたいと思いますね。

それだけすごい効果を実感することができるのですから。
今年の夏は、ハミ毛などを気にすることなく、ハイレグも超ミニも楽しめる、というのはいかがですか?